simフリー スマホ | 格安おすすめランキング

simフリースマホ テザリングの種類

読了までの目安時間:約 5分

 

テザリング2-min

simフリースマホでもテザリングができるということは、前にもお伝えしましたが、

 ⇒ http://simfree-phone.com/tezaringu/

 

テザリング2-min

 

 

実際のテザリングは3種類のやり方があります。

  • 無線WIFI テザリング
  • 有線接続 USBザリング
  • Bluetooth テザリング

この3つのやり方です。
それぞれにメリット、デメリットといった長所短所がありますので、比較してみましょう。

 

無線WIFIでのテザリング

 無線WIFIでのテザリングは、もっとも一般的なテザリング方法です。
メリット長所としては、ケーブルもいらずお手軽で、通信速度も速く、タブレット、パソコン、テレビ、ゲーム機、デジカメなどのデジタル機器に無線LANルーターにつなぐのと同じようにネットワーク接続ができます。

しかしデメリットもあります。無線なので、同じ場所で同時に複数の利用者が重なると、電波が干渉してしまい通信速度が落ちてしまうこともあります。

 

有線でのUSB接続 テザリング

 こちらのメリットは、無線WIFIとは逆に、混雑している場所でも有線なので電波の干渉が起きにくく、安定した通信速度が得られます。また、USBでつないだ機器から電源供給を受けることもできるので、スマホのバッテリー切れの心配もありません。

デメリット短所としては、USBケーブルを持ち歩かねばならないことやUSB接続したパソコンのバッテリーを消費することが挙げられます。

また、USB接続の場合は、スマホがデータ通信用のモデムとして認識される必要があるので、実質的に使用できるのはパソコンのみとなってしまいます。したがって、タブレットやゲーム機などには接続できません。

 

Bluetooth接続 テザリング

Bluetoothを使ったテザリングはあまり知られていませんが、接続方法や特徴は無線WIFIテザリングとほぼ同じです。

Bluetooth テザリングのメリットは、バッテリー消費が少ないこと。実際のバッテリー消費比較実験では、その差は歴然で、Bluetooth テザリングでは、スマホのバッテリー消費に影響をほぼ与えない程度の消費量だったそうです。

ただしデメリットもあります。通信速度が遅いこと。そして、USBザリングほどではありませんが、接続できる通信機器に制限があります。

接続する機種にBluetoothの機能が備わってないとつながりません。また機器同士の相性もあるようで、たとえば、xpriaやNexusなおどアンドロイド機とiponeでは、接続できないなどの事例もあります。

 

格安スマホのテザリング 注意点

便利なスマホのテザリング機能ですが、格安スマホや格安simでは、注意点があります。

格安スマホと格安simのセットであれば問題ありませんが、ドコモスマホとドコモ回線使用の格安simの組み合わせでは、いまのことろ接続できません。これはAPNという設定によるもので、強制的にドコモ専用APNに切り替わってしまうためです。格安simはテザリングが解放されていないというのは、このことを指しているのです。

するとauスマホもドコモと同様かというと、そうではありません。auはできる格安simがいくつかあります。そのなかでもオススメは、UQ mobile です。UQモバイルは、auと同じKDDIグループのなので、テザリングも開放しているようです。

3GBと使い放題無制限プランが用意されているので、ヘビーユーザーにも安心の格安simカードなのです。ドコモユーザーにはない、auユーザー限定のお得なサービスです。

 

 >>> ドコモユーザーにオススメの格安simはこちら!

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 

タグ :   

simフリースマホ テザリング    コメント:0

simフリースマホ テザリング

読了までの目安時間:約 3分

 

スマホにはテザリング機能というものがあります。これは、スマホをルーターにしてwifiタブレットやノートPCをインターネットに接続できる機能です。

スマホしか使わない方やタブレットやノートPCを屋外や外出先で使わない方にとっては、特に必要なものではありませんが、外出先でちょっとしたデータのやり取りをされる方には非常に便利な機能です。

例えば、youtubeの視聴など、大量のデータ通信が必要なものには適していませんが、パソコンからメールを送受信したいとか、クラウドへ売上データをアップロードしたいなど、少量のデータ通信に向いています。

いままでは、データ量は少ないけど、毎日のように外出先でデータ通信をしなけばならない方は、wimaxのようなモバイルルーターが必要でした。

高速で通信でき、そこそこ大量のデータ通信も可能ですが、別途月額利用料が3000円から5000円必要でした。それほど使用頻度のない方は、1dayプランなど短期間のプランもありますが、1日24時間使うたびに600円が必要でした。それがテザリングできると、節約できるので、ライトユーザーには助かります。

 

そんなテザリングですが、simフリースマホでは、利用できないケースがあります。スマホ本体にテザリング機能がないものは別にして、格安のsimフリースマホで、MVNO(仮想移動通信事業者)が取り扱う格安simカードとセットになっているものは、基本的に使えます。

しかし、ドコモやauなどのキャリアスマホにMVNOの格安simカードを差し込んで利用している場合は、キャリア側からのロックがかかっているため、いまのところ利用できません。

まだキャリアと呼ばれる大手携帯電話各社が、テザリングは開放してないのです。しかし、auについては、simロック解除なしで、そのままauスマホを使って、格安simでテザリングできる方法があります。

それは、UQ mobile のsimカードを使うという方法です。UQモバイルは、KDDIグループなので、auとはグループ会社です。なので、auスマホとUQモバイルsimカードの組み合わせは、テザリングにロックがかかっておらず、開放されているのです。

しかもテザリング、SMSとも無料です。格安simについては、選択肢の少ないauユーザーですが、UQ mobileを使うと、かしこく便利にスマホ代が節約できます。

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 

タグ :  

simフリースマホ テザリング    コメント:0

simフリー スマホにできないこと

読了までの目安時間:約 3分

 

sumaho3-min

思い返せば、携帯電話が自動車電話と呼ばれる以前から
携帯電話を使ってました。

 

sumaho3-min

 

 

当時、「弁当箱」とか「通信兵」などと呼ばれた
初期の移動電話も会社で使ってました。
使ってましたというよりは、
上司のその電話を担がされていました。
おそろしく、バッテリーがもたなかったのを覚えています。

それに比べ、今はすごいですね。
うちの娘なんかは、
バッテリーが2日持たないとボヤいてます。

当時の携帯電話料金、バッテリーの使用可能時間を教えてやると
きっと Σ(゚Д゚;エーッ! となるのでは・・・

 

ことろで、そんな便利になった携帯電話ですが、
最近では、格安スマホとか格安simフリーなど、
さらに安く、お手軽になっているそうです。

simカードを差し替えるだけで、
電話料金が安くなる

「simフリーフォン」

というものが、一般的になってきました。

 

どれくらい安くなるかというと、
通信料だけなら、

最安 「550円/月」から、あります \(^o^)/

 

いまは、どこへ行っても、

無料WIFI

という便利なものがあるので、
その気になれば、通信料月額無料でもスマホが使えるかもしれません。

 

また、今まで使ってたキャリアスマホも
この格安simで使えます。

まあドコモ系とかau系とかはあるみたいですが、
でもこの方法なら、テザリングがまだ開放されてないので
基本使えません。

 

テザリングがどうしてもいる人は、

格安データsimで使える
モバイルルータセットがあるので、
コレ使うといいよね。

 ⇒ BIGLOBE LTE・3G

 

探せば、安くて便利なものがあるわけです。
これをみんな知ってると、会社は儲からないだろうね (; ・`д・´)

 

 

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 

タグ :  

simフリー スマホにできないこと    コメント:0