simフリー スマホ | 格安おすすめランキング

simフリースマホ lte

読了までの目安時間:約 3分

 

032-min

simフリースマホというと、
最近までは海外製のものしかなかったので、
当然、速度の早い “LTE” に対応している
機種はほとんどありませんでした。

 

033-min

 

高速のLTEという回線は、
海外にはあまりありませんでしたので、
機種は当然、3G対応ものとなります。

どうしてかというと、
日本では、大手キャリアと呼ばれる
ドコモ、au、ソフトバンクが、
スマホ販売も独占していました。

そのスマホには、“simロック” が
かけられていますので、
simフリースマホというと、
海外製のものを選ぶしかなかったのです。

しかしながら、
このsimロックというものは、
市場の公平性を害する可能性がある
とのことから、
総務省は、このsimロックの解除を
義務付けました。

 

要点をカンタンに抜粋すると

「事業者が販売したすべての端末においてSIMロックに解除に応じること」

「迅速かつ容易な方法により、無料でSIMロックの解除を行なうこと」

「SIMロック以外の機能制限についても、併せて解除できるよう努めることが適当である」

ということになり、
スマートホンの自由化が始まりました。

 

したがって、2015年5月以降に販売される
機種からは、一定期間経過後、
無料でsimロック解除できる模様です。

さらに格安simとも呼ばれる
simフリーカードが使えるsimロックフリー スマホも
国産、海外製を問わず、販売されてきているため、
高速のLTEを使えるsimフリースマホも
選択肢が多くなってきています。

 

032-min



iphoneに負けず劣らずの
ハイスペック格安スマホとして話題の
ASUSのzenphoneや
sonyからはXperia J1 Compactが
まもなく発売開始になるなど、
simフリースマホ業界は活性化してきています。

 

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 

タグ :  

simフリースマホ lte    コメント:0

SIMフリースマホ

読了までの目安時間:約 2分

 

sumaho2-min

いままでSIMフリースマホというと、海外版をアマゾンとかヤフオク買うしか方法がなかったのですが、2015年5月のSIMロック解除の義務化を前に、SIMフリースマホが販売されてきています。

 

 

sumaho2-min

 

基本的には、MVNO業者が販売している格安SIMとのセット販売が多いようです。またよく知っている会社では、ヤフーや楽天、イオンやヤマダ電機、DMM、ニフティーなどから販売されています。

スマホ代金としては、特に格安感はありませんが、月々の通信料金がかなり安くなるのが魅力です。しかしなかには、激安スマホも・・・LTEには非対応ながら、「Polaroid pigu(ポラロイドピグ)」は4980円で販売されていますし、1万円台の物もチラホラ。

5月のシムロック解除義務化開始までには、もう少しいろんなサービスも出てきそうです。

 

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

 

タグ :  

SIMフリースマホ    コメント:0